2019年01月08日(火) 123 ビュー

今日のお話はあまり日本人にはお勧めできない乳製品について皆さ

今日のお話はあまり日本人にはお勧めできない乳製品について皆さまからの相談の中で多いのが、胸、生殖器、甲状腺の病気なんですが、この方達が好んで食べていらっしゃるのが、乳製品と卵、肉類なんです。それらに含まれるホルモンが関係するのかなと考えています。そして鉄分が不足している方も乳製品の摂取は控えることをお勧めします。日本人は特に乳製品が合わない人が多くいます。カルシウムは牛乳では摂取できないことは戦後日本人が毎日飲み始めて骨粗鬆症が増えていることを見ると誰にでもわかることですよね。。。 そして乳製品は鉄の吸収を非常に阻害しやすい食材の一つです。乳カルシウム、そしてカゼインが鉄吸収を阻害しますし、食材に含まれる鉄は、ヘム鉄と非ヘム鉄に分かれますが、このどちらの吸収も阻害します。鉄欠乏者は過多月経による出血量の増大、低胃酸、カンジダ感染、腸の炎症なども考えられます。特に、リーキーガットや腸の炎症状態による鉄欠乏の場合、このときに乳製品のカゼインによって炎症を後押しする可能性も十分に考えられます。そうすると、当然、鉄をはじめ、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB12などの栄養素も十分に吸収することができなくなってしまいます。日本人には合わない乳製品ですがカルシウムは他のもので摂取できます^_^今までの乳製品のとりすぎによる害は、味噌と海藻を頂くことによって軽減していくようです️毎日、昆布や椎茸のだしを使い、ワカメやふのりをたっぷり入れた味噌汁をいただいてください。特に麦味噌がお勧めです病気にならないように毎日の食生活を見直してくださいね^_^お問い合わせはLINE @https://line.me/R/ti/p/%40ldw4387iホームページhttp://cafeprana.com/お電話0665365433まで

今日のお話はあまり日本人にはお勧めできない乳製品について皆さまからの相談の中で多いのが、胸、生殖器、甲状腺の病気なんですが、この方達が好んで食べていらっしゃるのが、乳製品と卵、肉類なんです。それらに含まれるホルモンが関係するのかなと考えています。そして鉄分が不足している方も乳製品の摂取は控えることをお勧めします。日本人は特に乳製品が合わない人が多くいます。カルシウムは牛乳では摂取できないことは戦後日本人が毎日飲み始めて骨粗鬆症が増えていることを見ると誰にでもわかることですよね。。。 そして乳製品は鉄の吸収を非常に阻害しやすい食材の一つです。乳カルシウム、そしてカゼインが鉄吸収を阻害しますし、食材に含まれる鉄は、ヘム鉄と非ヘム鉄に分かれますが、このどちらの吸収も阻害します。鉄欠乏者は過多月経による出血量の増大、低胃酸、カンジダ感染、腸の炎症なども考えられます。特に、リーキーガットや腸の炎症状態による鉄欠乏の場合、このときに乳製品のカゼインによって炎症を後押しする可能性も十分に考えられます。そうすると、当然、鉄をはじめ、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB12などの栄養素も十分に吸収することができなくなってしまいます。日本人には合わない乳製品ですがカルシウムは他のもので摂取できます^_^今までの乳製品のとりすぎによる害は、味噌と海藻を頂くことによって軽減していくようです️毎日、昆布や椎茸のだしを使い、ワカメやふのりをたっぷり入れた味噌汁をいただいてください。特に麦味噌がお勧めです病気にならないように毎日の食生活を見直してくださいね^_^お問い合わせはLINE @https://line.me/R/ti/p/%40ldw4387iホームページhttp://cafeprana.com/お電話0665365433まで

料理教室・イベントの申し込みは、ご来店、お電話0665365433、メールフォームから承っています^_^

LINE@登録でお得情報配信中!是非ご登録を♪
友だち追加

InstagramFacebookもチェックしてください❤️


心斎橋 料理教室
Tel 06-6536-5433
〒550-0014 大阪市西区北堀江1丁目17番1号 cor 1F
地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅:徒歩2分、地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅:徒歩2分

料理教室のお申込み 06-6536-5433
大阪市西区北堀江1丁目17番1号 cor 1F(地図
twitter PRANA facebook PRANA
今月のスケジュール 来月のスケジュール ご予約フォーム